ゲイトウェイ・コンピュータ株式会社

PBX

固定電話を変えない方法!番号ポータビリティを活用すれば引っ越しも楽々

2020.09.25更新

引っ越しや移転時、面倒な手続きが必要になる通信サービスに関連して、企業はさまざまな対策をとっているのではないでしょうか。 そんなときに便利なのが番号ポータビリティと呼ばれるサービスです。 実は固定電話番号も番号ポータビリティができますので、その方法について解説していきましょう。

番号ポータビリティサービスとは?

番号ポータビリティとは、契約している電話会社を変更したあとも現在使っている電話番号を変えないまま使い続けることができるようになるサービスのことです。 携帯電話のキャリアショップで「他キャリアからのおのりかえキャンペーン」というようなサービスを目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。 こうしたキャンペーンを利用すれば、たとえば「もともとドコモの携帯電話を使っていたけれど、ソフトバンクへ乗り換えたい」という希望を叶えることができます。 このときには「ドコモで契約した際の電話番号を、ソフトバンクへ移行したあともそのまま使う」という手続きができます。 同様に固定電話番号でも番号ポータビリティを活用すれば、通信サービス会社を変えてからも同じ電話番号を使い続けることができるのです。 携帯電話はMNP(Mobile Number Portability)、固定電話はLNP(Local Number Portability)と呼ばれていますが、今回は特にLNPに着目してご紹介していきます。

番号ポータビリティが必要になるシーン

番号ポータビリティは、現在の通信環境を変更するとき、つまりオフィスの引っ越しや移転などの際に利用できます。 多くの環境では移転時にはいったん、これまでの通信環境を変えて再構築することになるでしょう。 特に移転先がこれまでの市外局番のエリアでなかった場合には、電話番号が変わってしまうのも仕方ないと考えてしまうかもしれません。 一方でオフィスの電話番号を変えるとなると、ホームページや各種メディア、名刺等に掲載されている情報をすべて書き換えなければならず面倒に感じられるでしょう。 すべての人に正しく周知されないと、お客様や取引先が古い番号へかけてしまい連絡がとれない、といった事態にも陥ってしまいます。 そうしたとき、番号ポータビリティを利用することで電話番号の変更と、それにともなう混乱を避けることができます。

固定電話で番号ポータビリティを利用するには

LNPで番号ポータビリティを利用するためには、IP電話サービスの新規加入や転用申し込みを行います。 ひかり電話(光IP電話)は、NTT東日本・西日本が提供するサービスで、もともと使っていた番号をそのまま引き継ぐことができるIP電話サービスです。 さらにソフトバンクのホワイト光電話・ケーブルラインやKDDIのauひかり電話サービスのように、各携帯電話キャリアも光電話を提供しています。 これらの手続きを行いIP電話へ移行することによって、移転などの際にも電話番号を変える必要がなくなります。 手続きにあたっては現在の電話回線を解約する前にNTTに連絡し、現在の番号を休止してもらいます。 そのあいだに新しい電話回線を契約し、移行の手続きを行いましょう。 そのあとはきちんと手続きができたことを確認してから、解約してください。 ただし条件によっては、番号ポータビリティサービスを利用できない可能性もあるため、注意点をよく確認しておきましょう。

番号ポータビリティを利用する際の注意点

移転や引越しにおいて、NTT東日本の管轄とNTT西日本の管轄を跨ぐ場合には、電話番号を変えずに使い続けることができません。 不安な場合には、NTTに直接連絡をして確認してもらうことをおすすめします。 また、現在利用している電話番号がすでに050から始まるIP電話である場合にも、その番号を引き継ぐことはできません。 必ず、NTTが保有している電話番号であること、また管轄外への移動でないことをよく確認してから手続きしましょう。 特に解約と新規契約のタイミングは重要で、先に解約してしまった電話番号は引継ぎできませんので十分注意してください。

低コストで楽に手続きをするには

「今後も、引越しや移転の可能性がある」、「事業所を新設するときに、先々のことを考えてできるだけ楽な仕組みを作っておきたい」 このような考えがあるのであれば、クラウド型PBXの利用がおすすめです。 クラウド型PBXとは、通信機能を担う主機能のPBXをネットワーク上で管理するクラウドタイプに切り替えたものです。 クラウド型PBXならオフィスにPBXを設置する必要がないため工事の手間やコストがかからず、事務所を引っ越すときにも面倒な手続きがありません。 現在一般的なPBXを利用しているという場合でも、先々のことを考え早めにクラウド型のPBXへ移行しておくとよいでしょう。

まとめ

オフィスの引越しに際して、行わなければいけない手続きは多いため面倒に感じることもあるでしょう。 特に電話にまつわる手続きは、間違えると社外へも影響を与えてしまうため番号ポータビリティを利用してしっかり対処したいものです。 また、この機会にPBXのクラウド化を検討してみるのもよいでしょう。 Circleのクラウド型PBXなら、あなたのお悩みを解決します。