ゲイトウェイ・コンピュータ株式会社

PBX

ビジネスフォンのヘッドセットにはワイヤレス(無線)がおすすめ!選び方のコツを解説

2021.06.08更新

ビジネスフォンを活用していく上で、使い勝手にかかわる重要なポイントとなるのが周辺機器です。 その中でもヘッドセットはビジネスを快適にするための重要なツールと言えるでしょう。

特におすすめしたいワイヤレスのヘッドセットについて、おすすめしたい理由や選び方のポイントを解説していきます。

【スマホが会社電話に!】クラウドPBXなら『Circle(サークル)』

世界で450万ユーザーを突破したCircle(サークル)のクラウド型PBXは、安定したプラットフォームにより業界トップクラスの高音質をご提供。

また、電話システムとしてだけではなくビジネスチャットやWEB会議、ファイル共有なども可能です。お客様ご利用の既存プラットフォームや様々なニーズに合わせてご提案ができます。

無料トライアルも受付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

Circle(サークル)は「IT導入補助金対象」ソリューションです。

ヘッドセットは接続方法がさまざまある

ヘッドセットを入手しようとしても、種類が多すぎるためにどれを選べばいいのか悩んでしまうのではないでしょうか。

そうしたとき、まずはヘッドセットの接続方法を選びましょう。 例えば、USBやミニプラグによる接続ができるヘッドセットがあります。 USBタイプのヘッドセットは、PC本体のUSBポートに接続することによって使用できるようになります。 昔から展開されているので商品数も多く、予算が限られているときでも都合の合う商品が見つかりやすくなるはずです。

もっとも普及している、定番のタイプと言えるでしょう。 ミニプラグタイプとは、イヤホンをさすときに使われるプラグを使うタイプのヘッドセットです。 USBタイプに比べればあまり数は多くないものの、USBポートを圧迫したくないときにおすすめです。

音質もよい傾向にあり、音質にこだわりたい人には最適です。 また、ワイヤレス(無線)タイプのヘッドセットもあります。

このタイプなら、Bluetoothなどを活用することで接続でき、コードによる距離の制限がなく、数m〜十数mほどの自由がききます。 金額についてはやや高めになりますが、ビジネスシーンでは非常に役立つと言えるでしょう。

ビジネスシーンではワイヤレスヘッドセットがおすすめな理由

ここからは、ビジネスシーンに使うヘッドセットに無線タイプがおすすめな理由をさらに詳しく解説していきます。

そもそもヘッドセットは、通話中に両手をあけた状態にできるというメリットがあります。 PCを操作しながら、メモをとりながら作業を進めていきたいとき、とても便利な存在となるでしょう。

通話開始時にも「受話器をとって番号を押していく」という手間もかかりません。 さらにワイヤレスなら、手が空いた状態でデスクから離れることもできます。 通話中に離れた場所にある資料を確認しにいくなど、席を離れたいときに相手を待たせる必要がありません。

通話をしながらメールの送受信をすることもできます。 忙しいタイミングでも、ワイヤレスのヘッドセットであれば作業の手を止めずに済むでしょう。 断線によってヘッドセットが使えなくなることもありません。

ヘッドのパターンから選ぶのも大事

「ワイヤレスヘッドセットを買おう!」と決めたところで、まだ種類が多すぎて「どれを選べばいいかわからない」という状態になってしまうのではないでしょうか。 そこで、ヘッドのタイプにも注目しましょう。

ヘッドには、片耳タイプと両耳タイプがあります。 片側タイプの場合、片方のみに耳あてがついており、もう片耳は常にあいた状態となります。

そのため通話中も、周囲の音を確認しながら作業を進めることができます。 ほかのスタッフと協力したり、先輩からアドバイスをもらったりすることもできるでしょう。 一方で、複数のオペレーターがひとつの場所で業務にあたっているような環境の場合、周囲の音が気になってお客様の対応がしにくくなる可能性があります。 両耳タイプは、両側に耳あてがついているヘッドセットです。

周囲の声や雑音をシャットアウトし、通話内容に集中しやすくなるでしょう。 一方で、周囲の人とのコミュニケーションをしたいときには耳あてをずらすなど、工夫が必要になります。

また、ヘッドセットを頭で固定するためのヘッドハンドにも注目してみましょう。 伸縮性のあるもの、長時間つけていても痛くなりにくいもの、軽さなど、メーカーごとにヘッドハンドのタイプは違います。 ヘッドセットの利用時間が長くなる場合は特に、大切な要素となります。

メーカーで選んでみるのもおすすめ

それでも悩んでしまうときには、メーカーから絞り込んでいくのもよいでしょう。 ヘッドセットの大手メーカーには、例えば「ジャブラ」や「プラントロニクス」が挙げられます。

世界各国で愛され、各国のコールセンターにおける導入率も高い定番メーカーと言えるでしょう。 もちろんワイヤレスヘッドセットも展開され、ノイズキャンセリング機能搭載モデルなど、質についても非常に期待できます。

そのほかにも、パソコン周辺機器を取り扱うメーカーからさまざまなヘッドセットが展開されています。 ロジテック、ロジクール、サンワサプライ、バッファローなど、ヘッドセットだけでなくマウスやキーボードで使っている人もいるのではないでしょうか。

音質にこだわりたいなら、ソニーなどもおすすめです。 安価で質のいい製品を手に入れたいときは、それぞれ比較してみるとよいでしょう。

まとめ

ヘッドセットは、業務における自由度を向上させてくれるアイテムです。 種類豊富なヘッドセットの中でも、ワイヤレスタイプなら場所にも縛られずに業務を効率化できるでしょう。 さらに効率的な作業環境を整えたいなら、Circleのクラウド型PBXも活用してみてはいかがでしょうか。

【スマホが会社電話に!】クラウドPBXなら『Circle(サークル)』

世界で450万ユーザーを突破したCircle(サークル)のクラウド型PBXは、安定したプラットフォームにより業界トップクラスの高音質をご提供。

また、電話システムとしてだけではなくビジネスチャットやWEB会議、ファイル共有なども可能です。お客様ご利用の既存プラットフォームや様々なニーズに合わせてご提案ができます。

無料トライアルも受付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

Circle(サークル)は「IT導入補助金対象」ソリューションです。

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ